ヌルゲーマーじゃダメですか?

ヌルゲーマーの趣味ブログ。漫画や野球の話もするよ。 7/8「感想・評価まとめを点数順に変更しました」

「Fate/EXTRA CCC」クリア後感想・評価

こんにちは!

PSPのFate/EXTRA CCCのクリア後感想・評価です。

↓ 評価基準についてはこちらを参照

当サイトにおけるゲームの評価法

 

※当サイトにおける評価はあくまで私個人の評価です。人によって違う感想になるかもしれませんがあらかじめご了承ください。

概要

Fate/EXTRA CCC(以下CCC)は2013年に発売したTYPE-MOONFateシリーズのRPG。開発はイメージエポック。ハードはPSP。

Fate/EXTRA(以下前作)の外伝的続編でもある。

キャッチコピーは「溺れる夜が、始まる。」(パッケージ裏より)

「フェイト/エクストラ CCC」公式サイト

あらすじ

月で発見された、「ムーンセル・オートマトン」という物体。

それは、過去のあらゆる事象を記録し、あらゆる未来を予測するという神の頭脳。

ムーンセルが作り出した霊子虚構世界「SE.RA.PH」(セラフ)にて、その所有権をかけた戦い「聖杯戦争」が月の表側にて行われることになった。

魔術師たる参加者は「マスター」と呼ばれ、過去の英雄や偉人を再現した「サーヴァント」とともに戦う。

最後に残ったものこそが、聖杯を手に出来るのである。

主人公も、そんな聖杯戦争に参加したマスターの1人・・・だった。

しかし、SE.RA.PHは突如書き換えられた。

マスターたちが謎の消滅をとげ、主人公たちは月の裏側に閉ざされた。

そこは異形のものがうごめく、サクラ迷宮

変貌した世界を舞台に、脱出のための戦いが始まる。

(説明書より)

シナリオ

9点

評価点

・男性マスターのキャラの掘り下げ

前作ではあまり触れられなかった男性マスターのキャラの掘り下げがされている。本作をやってこそ魅力が分かる。

・サーヴァントイベントの補完

前作よりもサーヴァントのイベントが増え、同じイベントでもサーヴァントによって会話が変わるので周回が楽しい。各サーヴァントごとにエンディングも存在する。

・ギルガメッシュ参戦

今までのFateシリーズでは敵役だったギルガメッシュを味方サーヴァントとして選択できる。選択は二週目以降推奨。

味方になった英雄王は新鮮。

問題点

・前作知識が必要とされる場面がある

月の表側に戻ることが目的となるが前作をプレイしていないと表側に関する話題が完全には分からない。

前作から登場するサーヴァントの真名が明かされない。与えられる情報から予想はできる。

・即BAD ENDの選択肢が多い

2択を外すと即BAD ENDの場面がある(ギルガメッシュの序盤に多い)。

セーブは頻繁にしたほうがいい。

その他

・ギャグシーン、お色気シーン

シリアスな空気との落差が激しい。自分は楽しめたが合わない人もいるかも。

戦闘

6点

システム

・ジャンケン的な戦闘

アタック>ブレイク>ガード>アタック・・・の三すくみで1ターン6手を読みながら戦う。相手の行動は一部開示されている。雑魚は戦闘を重ねることで開示される手が増えていく。3手連続で勝てば追加攻撃ができる。

3つとは別に攻撃スキルを使えば確実に勝てる。開示されていないところに攻撃スキルをぶつけるという手もある。

補助スキルの場合は相手がガード以外の時は攻撃を受けてしまう。

条件を満たせば使える宝具も存在する。

評価点

・敵の手を読む

戦闘を積み重ねて相手の行動パターンを読む。

読み切った時は爽快感がある。

・リトライ機能、ダンジョン内セーブポイントの追加

前作にはなかったリトライ機能とダンジョン内のセーブポイントが追加された。敵の手の開示のされ方によってはあっという間に敗北するシステムのため前作は辛かった。

むしろ前作はなぜなかったのか。

問題点

・スキルモーションをスキップできない

特に宝具はモーションが長い。敵サーヴァントは宝具も含めてスキルをよく使うので長く感じる。

・初見時の難易度の高さ

敵の行動パターンはスキルも含めれば膨大。情報の少ない初見時は難しい。

特に敵サーヴァントは複数のスキルと宝具も使うので読み切るのは至難の業。サーヴァント戦は周回しても開示手が増えないのもあり初見ではなくても難しい。

・飽きやすいシステム

戦闘システム自体は非常に単純なので飽きやすい。

・2週目以降同サーヴァントしかレベルが引き継がれない

2週目以降のレベル引継ぎは同じサーヴァントしかされない。2週目はサーヴァントを変更する人がほとんどだと思うのでレベル1から始めることになる。

グラフィック

7点

PSPとしては概ね良好。

マスター、サーヴァントのコスチュームチェンジができるようになったのは評価点。専用の会話もある。

BGM

6点

特筆すべき点は無し。OPムービーは美麗。

↓ OP曲

サクラメイキュウ

サクラメイキュウ

  • 分島花音
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

キャラ

10点

魅力的なキャラが多い。特に前作では掘り下げが少なかった男性キャラの信念などが描かれている。女性キャラに比べると出番は少ないが印象に残るのはむしろ男性キャラ。

男性キャラのカッコいい作品です。

快適さ

5点

・ロードが長い

データインストールすれば改善する。データインストールはタイトル画面でインストールするだけでなくオプションでONにしなければならない。

私はオプションに気づかずしばらくロードが長い状態でプレイしてました。

・既読スキップがない

全スキップはあるがそうするとサーヴァントごとに変化する会話、発言まで飛ばしてしまう。

会話の変化を楽しむためには2週目でもある程度読む必要がある。

イベントスキップもプロローグでしかできない。幕間イベントはスキップできてもよかったのではないか。

評価まとめ

43点

ストーリーが良くキャラの掘り下げもできていて面白かったです。良作でした。

ただし、戦闘面などゲームとしての面白さは普通。

私は1週目をセイバーで遊び、2週目はギルガメッシュでCCCルート(真エンド)を目指しました。クリア時間はそれぞれ24時間50分16時間15分でした。

Fate/EXTELLAもそのうちプレイしたいです。

 

↓ 応援よろしくお願いします