ヌルゲーマーじゃダメですか?

ヌルゲーマーの趣味ブログ。漫画や野球の話もするよ。 8/18「感想・評価まとめを修正しました。」

「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」クリア後感想・評価

こんにちは!

ドラゴンクエストヒーローズPS4版のクリア後感想・評価です。

↓ 評価基準についてはこちらを参照

当サイトにおけるゲームの評価法

 

※当サイトにおける評価はあくまで私個人の評価です。人によって違う感想になるかもしれませんがあらかじめご了承ください。

概要

ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」はスクウェア・エニックスより2015年に発売したアクションRPGでドラゴンクエストシリーズの派生作品の一つ。

開発は無双シリーズで有名なコーエーテクモゲームスω-Forceが担当。ハードはPS3、4。後に2とまとめたものがswitchでも発売している。

 

キャッチコピーは「モンスター軍襲来。」(パッケージ裏より)

あらすじ

人と魔物が共存する王国、エルサーゼ

その王国を一陣の突風を吹きぬけるとき、異変は起こった。

突如として人に牙をむき、剣を振り、あるいは飛びかかる魔物たち。

王国を襲った危機に立ち向かうのは、ふたりの親衛隊長、アクトメーアだった。

 

ふたりはエルサーゼを、人々を守るため、戦い続ける。

戦いの中で、見知らぬ英雄や、異世界の冒険者たちと出会うだろう。

何かを得、何かを失うこともあるだろう。

恐るべき強敵や人知を超えた存在に、巡り合うこともあるかもしれない。

 

闇竜と世界樹を中心に綴られる、ひとつの物語。

この物語を切りひらくのは、キミだ。

(説明書より)

シナリオ

5点

評価点

・王道なシナリオ

わかりやすい典型的な王道シナリオ。難しい設定などは出てこない。

・原作を意識したキャラの掛け合い

各キャラの性格や会話など原作の雰囲気を壊していない。テリーがバトルレックスに対してコメントするなど原作を意識した部分もある。

キングレオ戦でマーニャが不在なのが残念。

問題点

・王道だけどチープなシナリオ

王道だけど全体的に微妙というかチープに感じた。

メインシナリオ部分は早く終わらないかなと思いながらプレイしてました。王道が嫌いなわけではないですが本作はいまいち。戦闘中のキャラの掛け合いは好きなんだけどなあ。

・魔物と戦う主人公たちの心境

それまで仲良く暮らしていた魔物たちが暴れ出しても一切迷わずに戦う。普通は悩んだりすると思うがすぐに敵と認識するのは違和感。

戦闘

8点

システム

・ベースは無双シリーズと同じ戦闘

各ボタンを使って攻撃をしていくシステム(最近の無双やってないから違ったらすいません)。

各キャラに固有のじゅもん・とくぎがありMPを消費して使用できる。

テンションゲージを溜めれば必殺技を使用可能。

戦闘に参加できるキャラは最大4人で交代しながら戦う。

・仲間モンスター

モンスターを倒すとモンスターコインがドロップすることがある。拾うと助っ人として召喚できる。効果はモンスターによりけり。

モンスターコインはその戦闘でしか使えず別の戦闘へ持越しできない。

・回復アイテム

ホイミストーンという回復アイテムが存在。ストーリーが進めばより上位の回復呪文が使える。

また、どの戦闘でも世界樹の葉(蘇生アイテム)を4枚持って始まる。

f:id:gonta18:20181111185256j:plain

f:id:gonta18:20181111185307j:plain

評価点

・ドラクエ感が失われていない

シリーズ初のアクションゲームだが、モンスターのグラフィックやダメージ表示、とくぎ・じゅもんなどドラクエを遊んでいるという感覚は失われていない。

・仲間モンスター

本作は防衛ミッションが多く、どのモンスターをどこで召喚するかという戦略性がある。

・各キャラ固有のモーション

キャラによって装備が異なりモーションが様々。

・テリーが強い

自らを最強の剣士と言うが、実際使いやすくて強い。

本家でもこれぐらいがんばれよ…。

問題点

・防衛ミッションが多い

本作のジャンルはタワーディフェンスと言われるぐらいに防衛ミッションが多い。ミッション自体は面白いが同じようなモノばかりなのは不満。

・必殺技がスキップできない

強力なため何度も使うことになるがスキップできない。何度も見るには長い。

・回復ができるキャラが少ない

ゼシカのハッスルダンスとテリーのミラクルソード(自分のみ)しかない。全体回復に限ればゼシカのみ。結果的にパーティー選択の自由度が下がっている。

クリフトぐらいは使えてもよかったんじゃないかと。

・さまようよろい系

盾をかまえている時に攻撃するとガードされる。貫通できるアクセサリはあるが手に入るまでイライラする。

もっと強いモンスターがガードをしないのにさまようよろい程度がガードしてくるのも疑問。

グラフィック

8点

モンスターのモデリングは良くできている。

PS4初参戦の作品だからかモンスターの種類が少ない(ドラクエ自体がコンパチモンスターの多いゲームだけど)。

f:id:gonta18:20181111202111j:plain

f:id:gonta18:20181111202226j:plain

BGM

9点

ドラクエ過去作のBGMを多く使っておりファンならテンションが上がる。

言い換えればそれに頼ってるとも言える。

キャラ

7点

オリジナルキャラである主人公に芸能人を起用。メーアはやや下手。アクトはそれほど気にならないがそもそも芸能人起用を必要としていない。

また、アクトの理屈っぽい性格はイライラする。敵に囲まれている状況で長い作戦を提案するのは頭悪いだろ。

快適さ

6点

・クエストなどのテンポの悪さ

クエストの受注・報告が一つずつしかできない。毎回長めなBGMが流れるのでテンポが悪い。

他にも装備の売却やホイミストーンの補充など一括でできないことが多い。

評価まとめ

43点

S~GでB評価

シナリオはいまいちでしたが戦闘は面白かったです。思っていた以上に戦略性のある戦闘でしたが、爽快感は思っていたよりも無かった(無いわけではない)。

クリア時間は26時間51分。DLCがあるのでもっと長時間楽しむことができます(私はやらない)。

色々と不満点はあるけどシリーズ初のアクションとしては及第点だと思います。2での進化に期待。

 

↓ 応援よろしくお願いします