ヌルゲーマーじゃダメですか?

ヌルゲーマーの趣味ブログ。漫画や野球の話もするよ。 8/18「感想・評価まとめを修正しました。」

「テイルズオブジアビス(3DS)」クリア後感想・評価

こんにちは!

3DS版のテイルズオブジアビスクリア後感想・評価です。

↓ 評価基準についてはこちらを参照

当サイトにおけるゲームの評価法

 

※当サイトにおける評価はあくまで私個人の評価です。人によって違う感想になるかもしれませんがあらかじめご了承ください。

概要

テイルズオブジアビステイルズオブシリーズ本編作品8作目。2005年12月にPS2版、2011年に3DS版が発売した。PS2当時の発売元はナムコ、3DSはバンダイナムコゲームス

3DS版はPS2版からロードの改善、バグの修正などがされている。

キャッチコピーは「何のために生まれて来たのか、何のために生きているのか

あらすじ

惑星オールドラントでは、未来を知ることができる「第七音素(セブンスフォニム)」を巡る戦いが続いていた。

長きにわたる戦いは大地を荒し、やがて星の毒素「障気」が世界を覆い尽くした。

未来視に長けた譜術士フォニマーユリアの指導の元、人々は障気を地中深くに封じることに成功する。

 

それから二千年以上の時が流れた。

 

今や、世界は預言(スコア)に支配されていた。

人々はユリアの興したローレライ教団から託宣される預言を求め、それを遵守して生きることを美徳としていた。

 

ユリアが預言で「未曽有の繁栄」に必要だと詠んだ少年がいる。

彼の名はルーク・フォン・ファブレ

キムラスカ・ランバルディア王国の王位継承権を持つ彼は幼いころ、敵対するマルクト帝国に攫われそうになり、以後、身を守るために屋敷の中で軟禁されていた。

彼はまだ気づいていない。

大いなる厄が彼に近づこうとしているのを。

(説明書より)

シナリオ

9点

評価点

・各キャラの思惑が飛び交うストーリー

各国、各派閥、各人それぞれに思惑があり、利害が一致すれば協力し合うストーリー。

それぞれに戦う理由、信念がある。

・主人公の成長

ルークの物語を通しての成長は見どころの一つ。ここまで成長する主人公も中々いない。(ただし開始時は全RPGのなかでも最底辺)

問題点

・俺は悪くねえ

アビスで最も有名なシーン。このセリフだけ知ってると言う人もいると思う。

このイベント関連はツッコミどころが多すぎてキリがない。

この時のルークの態度は悪いが他に、そこに至るまでの過程、仲間キャラの態度・セリフなど言いたいことが多すぎる。

仲間キャラ全員に「どの口が言うか」と言いたい。

終盤はパーティーの関係も良好になるが、このイベントがあるせいで「なんでこのパーティーうまくいってるんだ?」と思ってしまい釈然としない。

 

大筋のシナリオは見どころも多く非常に面白いです。ただ例のイベントがどうしても引っかかる。最後まで消化不良感が残りました。

戦闘

9点

システム

・フレックスレンジ リニアモーションバトル

テイルズオブシンフォニアの戦闘をベースにパワーアップしたもの(いわゆる3Dテイルズ)。

最大の進化点は「フリーラン」の導入。敵とのラインの切り替えがなく戦闘フィールドを自由に動き回れるようになった。フリーラン中にダメージを受けるとクリティカルになるデメリットあり。

・フィールド・オブ・フォニムス

属性のある術技を使うとフィールドにサークルが出現。サークル上で特定の術技を使用すると強力な術技が発動する。

・キャパシティ・コア

あらかじめ装備しておくことでレベルアップ時のステータス上昇値に上乗せする。

・ADスキル

レベルアップもしくはキャパシティ・コアのボーナスで習得できる。フリーランもこれの一つ。

評価点

・フリーラン

シンフォニアは3Dながら敵とのライン上でしか移動できなかったのが、自由に動けるようになるだけで格段に面白くなった。

問題点

・敵シンボルの移動が速い

シンボルエンカウントだが敵シンボルの移動がこちらの移動より速い敵が多数いる。戦闘しようと反転してる間にバックアタックされることも多々ある。

グラフィック

6点

元がPS2のゲームを3DSに移植したためかそんなによくない。

私は3DSLLでプレイしましたが画面が小さくダンジョンが非常に見づらかったです。LLではなく画面の大きい本体推奨。

BGM

10点

良好なBGM。特に主題歌のカルマは素晴らしい。というかバンプは卑怯だよ。

私はPS2版発売当時、中学生でカルマもよく聴いていたので懐かしい。

 

BGMではないがムービーシーンのボリュームが小さい。MAXにしてもボイスが聞き取りづらい。

カルマ

カルマ

  • BUMP OF CHICKEN
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

キャラ

5点

シナリオで書いたように納得できない部分がある。

各キャラの背景の掘り下げや魅力もありますが、パーティー全員やべえやつだと思いました。

快適さ

7点

評価点

・ロードが速い

ロードは爆速。PS2版はかなり長かったらしいですね。

問題点

・画面が見づらい

グラフィックでも書いたようにダンジョンが見づらい。固定カメラなのも拍車をかけている。

・飛行艇が使いづらい

着陸できるのが草原だけで不便。

画面上では変化がないのに特定の地点に行くといきなり砂嵐や吹雪で侵入不可能と表示される。その演出もいちいち長い。

・構造が複雑な建物が多い

ダアトの神殿や音機関研究所など何度も訪れる場所を何故あんなに複雑にしたのか。

評価まとめ

46点

キャラの性格が気になりましたが大筋のシナリオは良く、戦闘もフリーランの導入で格段に面白くなりました。なんだかんだ良作。S~GでA評価

クリア時間は36時間14分。やり込みはしていませんが思っていたよりも早く終わりました。まあ攻略も見たりしたんで。

ロードの速さ、バグの少なさからこれからプレイする人は3DS版をおススメ。ただLLだと画面が小さすぎるので注意。

 

↓ 応援よろしくお願いします