ヌルゲーマーじゃダメですか?

ヌルゲーマーの趣味ブログ。漫画や野球の話もするよ。 8/18「感想・評価まとめを修正しました。」

「アサシンクリード2」クリア後感想・評価

こんにちは!

PS4のアサシンクリードエツィオコレクションに収録されているアサシンクリード2のクリア後感想・評価です。

当サイトにおけるゲームの評価法

 

※当サイトにおける評価はあくまで私個人の評価です。人によって違う感想になるかもしれませんがあらかじめご了承ください。

概要

アサシンクリードIIは2009年にPS3で発売したシリーズ本編2作目。

アサシンクリードエツィオコレクションエツィオ・アウディトーレを主人公としたシリーズ3作を1本にまとめてPS4で発売したもの。

キャッチコピーは「真実は血で綴られる。」(公式サイトより)

あらすじ

15世紀、イタリアは新たなる時代の夜明けを迎えようとしていた。

レオナルドダヴィンチをはじめとする気鋭たちに導かれ、世界はかつてない科学、芸術、学術の再生の時を迎えた。

後の学者たちは、それをルネサンスと呼んだ。

しかし彼らは、歴史の闇に潜んでいた真実を知らない…。

 

フィレンツェの貴族の家に生まれたエツィオは、ある事件をきっかけに貴族の位を剥奪され、すべてを失ってしまう。

誰が何のためにこんな陰謀を仕組んだのか。

その黒幕を暴き、報いを受けさせるため、エツィオはアサシンへの道を歩みだす…。

(公式サイトより)

シナリオ

6点

評価点

・前作よりも主人公に感情移入しやすい

前作と違い主人公が物語開始時はアサシンではない。そこからアサシンとなり活躍していくので前作よりも感情移入しやすくわかりやすい。

・歴史上の人物をストーリーに絡めている

レオナルドダヴィンチやマキャベリなど実在した人物がストーリーに絡む。世界史に造詣があればより楽しめる。

カテリーナとか本当にいたんですね。

・世界一安いイタリア旅行

フィレンツェ、ベネツィアなどイタリアの各都市を舞台にしたストーリーは世界一安いイタリア旅行と言われる。特に水の都ベネツィアは探索していて楽しい。

f:id:gonta18:20180817221502j:plain

・現代編

前作では存在意義がわからなかったが、物語も進み謎も深まるなど気になる展開になってきている。

問題点

・ローマ

舞台の一つにローマがあるが、ストーリーの都合行ける場所はほとんどない。

・月日の経ち方が分かりづらい

各シーケンスごとに年は表示されるが修行シーンではどのくらいの月日が経ったのかわかりづらい。

シーケンスの間に何があったのかもすぐに理解できないところもある。

・続編ありきの終わり方

エツィオの話は綺麗に終わっているが現代編は今作でも未完。

その他

・街の復興

ヴィラの施設を発展させるなどして街を復興する。収入が増える、安くものが買えるメリットがある。

収入には上限があり、いちいち街まで戻らないとお金を回収できないのがめんどくさい。

・シンボルパズル

収集要素の一つだが難易度が高い。高度な知識が求められる。

戦闘(アクション)

9点

f:id:gonta18:20180818010849j:plain

f:id:gonta18:20180818010859j:plain

新システム

・新戦闘アクション

二人同時暗殺、毒、ピストル、煙玉とアクションが増えた。

水を泳げるようにもなった(前作は即死)。

・ライフバー

体力がライフバーで表記されるようになりわかりやすくなった。

・通貨

前作にはなかった通貨が導入された。これで武器防具の購入、仲間を雇う、市民にばらまくことができる。

・悪い噂

犯罪行為を行うと悪い噂が立ち敵に見つかりやすくなる。手配書を剥がすなどして下げれる。

評価点

・アクションが増えた

上記の通りアクションが豊富になった。特に泳げるようになったのはターゲットへの接近方法、逃走方法に幅が広がるのに繋がっている。

・仲間を雇う

仲間には傭兵、盗賊、娼婦がいる。彼らを使うことで戦闘を楽にしたり、戦闘を起こさずに建物に侵入できる。プレイに幅が広がった。

・金をばらまく

前作ではお邪魔NPCに出来ることが何もなかったがお金をばらまくことで追い払えるようになった。ばらまくお金も少額。

お邪魔NPCの数も減った。

問題点

・単調な戦闘

前作よりもアクションが増えたが単調なのは変わらず。連続攻撃とカウンターがメインになる。

・悪い噂の増加条件

人前で戦闘して敵を殺しても変動しないが、誰も見ていないところで暗殺すると増加する。

バレずに暗殺したのに増加するのはがっかりする。逆にしてほしかった。

両方増加するならまだわかる。

・ラスボス

掴み攻撃でハメ殺せる。

グラフィック

8点

イタリアの街並みは素晴らしい。世界一安いイタリア旅行と言うだけのことはある。

キャラは男性は気合入ってるのに対して女性キャラは…。洋ゲーだとこんなものなんですかね?ローザはわりとかわいいほう。

f:id:gonta18:20180818010409j:plain

f:id:gonta18:20180818010417j:plain

BGM

6点

特筆すべき点は無し。

キャラ

7点

前作よりも主人公の協力者が増えた。

敵も前作ではターゲットになって初めて知り暗殺して終わりだったが、暗殺するために追いかけ続けるようになりストーリー性が増した。

快適さ

7点

お邪魔NPCが解決したのもあり前作よりはるかに快適になった。

ところどころでバグが見られる。弓兵が増殖しまくるバグは笑ったw

f:id:gonta18:20180818011300j:plain

評価まとめ

43点

前作は発想は面白いけどゲーム部分が練り込まれていないという感じでした。本作は問題点を解決、システムを洗練させていて非常に面白かったです。なぜこれが前作でできなかったのか。

佳作ですかね。S~GでB評価。単調さがなくなればなあ。

クリア時間は25時間。トロフィーも90%までいきました(ここまでやっておきながらトロコンする気はない)。この時間で90%までいったのでトロコンは簡単な部類かと。トロファーの方はどうぞ。

 

↓応援よろしくお願いします