ヌルゲーマーじゃダメですか?

ヌルゲーマーの趣味ブログ。漫画や野球の話もするよ。 8/18「感想・評価まとめを修正しました。」

「ディーふらぐ!」漫画紹介 不良がゲーム製作部の面々に振り回されるギャグ漫画

f:id:gonta18:20171002231748j:plain

こんにちは!!

 今日は漫画「ディーふらぐ!」を紹介したいと思います。友人にオススメしていたのですがその友人に気に入ってもらえたみたいでもっと多くの方に知ってもらいたく記事を書くことにしました。

 

概要

 ディーふらぐ!は春野友矢先生による漫画で月刊コミックアライブで連載中。既刊12巻(2017年 10月現在)。2014年1月から3月にかけてアニメ化もされました。春野友矢先生はミラクルジャンプで「魔王様ちょっとそれとって!!」という漫画も連載されています(こっちも面白い)。

あらすじ

府上高校でちょっとだけ有名な不良 風間堅次がひょんなことからゲーム製作部の部室を覗いてみると小火災が発生していた。消火に成功するものの部員たちは堅次の記憶を奪って証拠隠滅しようとする。堅次は逃げるが部長 柴崎芦花に助けられたことをきっかけに入部する羽目になる。ゲーム制作部の部員や他の不良グループなどの非常識な面々から迷惑を被りながら学校生活を楽しく過ごしていく。

魅力

 この漫画は主人公である風間堅次がゲーム製作部およびその他の面々に振り回される逆漫画です。ちなみにゲーム製作部と言いながらゲーム制作の場面はほとんど出てきませんw。製作したオリジナルゲームは宇宙エロ本争奪ゲームというすごろくが出てきます。

 主人公はかなりの負けず嫌いであり、最初は周りに振り回されていたのに勝負事になると全力で勝ちに行きます(宇宙エロ本争奪ゲームで対決することもある)。勝負事は当然ギャグ要素がかなり大きいのですが決着のシーンは結構熱くなります。「ゲーム勝負にマジにならなくていいのは息子とゲームする親父だけ」というセリフ(シーン)がお気に入り。

 この漫画の特徴としてやたらモブキャラが多いことです。高校と全く関係ない親子がたびたび登場することも。再登場もするのでこんな奴いたなwって思うことも多々あります。

 主要人物も皆かなり個性的で面白いです。むしろ主人公が没個性?でも魅力的なキャラクターです。

 この漫画は3巻から面白くなってきます(ある対決が始まる)。そこから停滞せずずっと面白い!!11巻から夏休め編に入り、芦花の家に隕石が落ちるという大事件が!!その後なんやかんやで風間家にお世話になるという訳のわからなさw

だけど面白い!!

1年に1冊ぐらいしか新刊は出ませんが機会があれば読んでみてください。

 私が一番好きなキャラは風間のお母さんです。なぜなら風ママがメインで登場する回は間違いなく神回だから!!

 

f:id:gonta18:20171002035709p:plain

    多分この漫画で一番有名なシーン

※日頃からクラスのために働いている船堀さんをみんなで讃えてるシーンです。

 

↓ ↓ 応援よろしくお願いします